読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫おば便り

生き物たちのこと、特に猫(猫おばだからね)についてのお便り書きます。

マリオくんトライアル

とうとう、マリオくん、トライアルに入りました。里親さん宅で「お試し」です。

訪問時に、トイレの場所が玄関だったので、それはNGと、台所に変えて貰ったり、

とにかく脱走にだけ注意してくださいと、窓の対策などを指南。

メガサイズのマリオくん用にと、トイレも爪とぎもベットも、デカいのが準備されていて、とっても楽しみにしていたんだなぁというのがわかりました。わかっているけど、3年近く一緒に暮らしていたので、やっぱり心配で心配で・・・知らない土地でもし、迷子になったらとか、想像がね、膨らみ過ぎちゃうの。毎回、里子に出したときは、こういう気持ちになるんです。マリオくんは長くいたから特に、ね。正直、もううちの子でもいいかなとか、本心はどの子も一度触れた子は、手放したくないんです。これって、もしかして束縛というヤツ!?人間に対しては全くない感情・・・

でもそうも言っていられません。私自身あと20年は確実に生きるという保証があるわけじゃあなし。アラブの石油王にでも見初められたら考え変わるかもだけど。

大切にしてくれる方の元へお渡しするのが役目と、自分に言い聞かせて。

その子の持つ、運を信じて。

背筋を伸ばして、深呼吸して、決断するのです。

 

マリオくん、我が家で最後の夜。

f:id:nekooba:20150113234705j:plain

そして、里親さん宅で、撫でられてうっとりのマリオくん。

f:id:nekooba:20150113234750j:plain

うん、大丈夫大丈夫。

とか言って、心配でまだ数日は寝れないと思うけど。

とか言って、トライアル成功するとは限らない。戻ってくることもあるからね。

そん時はそん時、ギュッとするよ。イヤがるだろうけど。

 

結局、また思い出しては、写真を見ては、泣いてしまうんです。

いつもの場所にあのデカい身体がないとか、マリオくんのごはんを用意しちゃったとか。もう、意味不明。猫おば、年ですね、年。