読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫おば便り

生き物たちのこと、特に猫(猫おばだからね)についてのお便り書きます。

目が回る春

保護猫

一番好きな季節は秋。紅葉も好きだし、落ち葉も好き。どんぐりも好き。

静かな冬に向かっていっているところなんてすごく好き。

猫おばはそんな秋に生まれたことがちょっと誇り。

春は一気に動植物たちが目覚めるので、なんだかせわしない。

もちろん、ふきのとうだとか、つくしだとか、見つけるとうれしいんだけど。

でも、押されてしまうんだよね、勢いに。

そして、春は子猫がたっっっっっくさん産まれる季節です。

お外のおかあちゃんたちはどこかで産み育てているんでしょう。

でも、カラスにとられたり、栄養不足な子はおかあちゃんも見限るので、

全てが育つわけじゃあない。最初の振り分け。生命力のある子が残る。

自然ってうまくできてる。だからノラの子ってたくましいものね。

でも、やっぱり、ノラ猫になってほしくない。ノラにノラを産んでほしくない。

そんなわけでにゃんこ組、TNR続々です。

猫おば担当現場はまだ予定の半分。わ~産まれてしまうではないか~

f:id:nekooba:20150411210957j:plain

f:id:nekooba:20150411211039j:plain

この子、鼻穴回りが黒いの、かわいい。

 

もう、写真撮りわすれてるし。もっといるんだけど。

猫おば、お仕事してるから昼間の搬送は、にゃんこ組メンバーSが出動して

くれました。片道1時間。感謝。お迎えだけ猫おば。なぜか毎回雨なんだよ。

雨の夜道を1時間以上。猫おば、運転下手だし、猫乗せてるから事故らないように

緊張してるし、帰宅するとヘロヘロ。でも、うちの猫たちが

「フニャ~フギャ~!!メシ~ハラヘリ~!」とお出迎え。

へいへい、と猫おば、完全にしもべ・・・

今月はしばらくこんなんが続くね・・・いいのいいの、猫おばはしもべで。