読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫おば便り

生き物たちのこと、特に猫(猫おばだからね)についてのお便り書きます。

「家族の肖像」

 

 「家族の肖像」

 40年間、写真を撮り続けている、10年来のお友だち(と言っても、おじさん。あ、守雄さんゴメン)がいます。岩田守雄と言います。彼の写真展を宮城県でやろうと、いろいろな仲間で準備してきました。岩田さんは横浜在住。脳性まひ。高校時代から写真を撮り始めて、日本各地で展示会をしてきました。

 昔はバリアフリーなんてないし、施設の人からでさえ心無いことを言われたり、猫おばならへこんじゃうようなことを随分と経験してきています。だからかな、魅力的な人。そんな人の目を通して撮ってきた写真も魅力的。奥さんのみどりさんとは、学生時代の同級生。みどりさんは車いすで、どこにだって行っちゃう。共に生きるってこういうことなんだと、そう思える夫婦。二人を見ていると、障がいって、もしかして限られた人だけが持って生まれた宝物みたいなものなのかも、と思える。丁寧に暮らして丁寧に生きている。家族そろって動物が好きなこともあり、猫おばの第2の家族。

 始めは、守雄さんとつながっている人たちで実行委員会を作ったのだけど、気が付けば、どんどん、知らない人まで、たくさんの方たちに様々な形で力を貸してもらっていました。新聞社の方やホテルの方まで、猫おばさえ会ったことない人たちが、みんな応援してくれて、不思議な感覚。搬入や搬出も、なんだかたくさんの方たちが来てくれるそう。うわぁ。スゴイ。みんな、いい人!受付や雑用係だってみんな助っ人。準備は万端かな!?あとは、岩田夫妻を待つばかり。

 守雄さんが出会ってきた、障がいを持っている家族の写真が並びます。

古川にお越しの方、お時間のある方、何かを探している方、などなど、どうぞ、いらしてください。

 

岩田守雄写真展

「家族の肖像」

9月9日(水)~9月13日(日)

10:00~17:00

大崎市民ギャラリー 緒絶の館(をだえのやかた)

大崎市古川三日町1-1-1

TEL0229-21-1466

f:id:nekooba:20150906172302j:plain