読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫おば便り

生き物たちのこと、特に猫(猫おばだからね)についてのお便り書きます。

絶賛、固まり中!

 

 少し涼しくなりました。こうなると夏の終わりを感じます。東北の夏はやはり8月で終わり。どんどん秋の空になっていきます。そうなるとあっという間。

 

 実は、(って別に重大告白じゃあございませんよ)しばらく前から預かっている猫がいました。でも、自宅はもう猫だらけで部屋がない。そこで会社の一室に置いていたのですが、なにせ今年の暑さ。結局、部屋の大移動をして、預かり猫も自宅に連れてきました。

月夜ちゃん。推定4歳。

f:id:nekooba:20150811205524j:plain

基本的に猫おばを見るときはこのお耳ぺったん。3段ゲージの3段目に逃げ込み、水平猫になる月夜ちゃん。こんな月夜ちゃんですが、猫のことは好きみたい。自宅に連れてきての発見でした。うちの猫たちが月夜ちゃんのゲージに寄っていくと、月夜ちゃん、そそくさと一番下まで下りてきて、スリスリ、お腹も出しちゃうんですよ。

へーと思って猫おばが行くと、はい3段目でフリーズ。はいはい、わかりましたよ。気長に仲良くなりましょうね。

 

 先週は新たな保護猫姉妹がやってきました。もう部屋がないんだけど、まずはゲージで慣らすからなんとかなるかと。エイッ!と思い切って引き取りました。

f:id:nekooba:20150811210315j:plain

そうです、こちらも、見るとこれ。カチン。猫おば、雪の女王じゃないんですけど。凍らないでくれますか?推定4か月。エイズ白血病陰性。避妊済。

そうです、この黒い子。木登りしてた子。この子たちも猫のことは好きで、ゲージ越しにうちの子たちとおしゃべりしています。つまり、嫌われてるのは猫おばだけ・・・

慣れていく過程が面白いからいいもんね。